淡路夢舞台国際会議場 淡路夢舞台国際会議場のホームへ to English page お問い合わせ サイトマップ リンク カレンダー
資料請求
特徴と魅力 フロアガイド 備品・機材 料金表 各種サービス案内 飲食のご案内 交通アクセス 宿泊・観光ガイド

歴史

「国生み神話」〜日本発祥の地 淡路島〜

古事記」、「日本書紀」によると、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冊尊(いざなみのみこと)の二神が天上の「天の浮橋」に立って、「天の沼矛(ぬぼこ)」をもって青海原をかきまわし、その矛を引き上げたときに、矛の先から滴り落ちる潮(しお)が凝り固まって一つの島となった。これが「おのころ島」で、二神は、その島に降りて、夫婦の契りを結んで国生みをされた。初めに造られたのが淡路島で、その後次々に島を生み、日本の国を造られたとあります。この「おのころ島」の所在地については色々な説がありますが、南あわじ市には古くからおのころ島の地名があり、二神を祭る「おのころ島神社」があります。他に淡路島南端の沼島、北端の絵島、あるいは淡路島全体であるという説もあります。

 国生みののち、伊弉諾尊と伊弉冊尊は、この大地を守るべき神、国土、海原、自然の神々を生む「神生み」へと進み、天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読命(つくよみのみこと)、素戔鳴命(すさのおのみこと)の三神を生みます。

  素戔鳴命(すさのおのみこと)は、出雲の八岐大蛇(山俣大蛇・やまたのおろち)の神話に出てくる大蛇を退治したのち、櫛名田比売(くしなだひめ)と結婚し多くの神を生みました。その一人が大国主命(おおくにぬしのみこと)であり、「国造り神話」へと続きます。

 淡路島の伊弉諾尊・伊弉冊尊を祀る神社は、「おのころ島神社」のほかに多数あります。中でも淡路の島の神として古くから島人達に尊崇されている「伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)」(淡路市多賀)は、すべての神功を終えた伊弉諾尊が、国家統一を天照皇大神に託して、幽宮(かくりのみや)を構え、余生を過ごされた故地とされています。

「御食国」(みけつくに) 〜古来、朝廷に食材を献上する国〜

 大和朝廷成立の頃から淡路地域は、若狭、志摩、紀伊の国などとともに皇室に食料を貢進する国(御食国)として朝廷の食卓を支えていました。 そのような歴史の残る淡路地域は現在も、玉ねぎ、淡路牛をはじめとする美味食材の宝庫として知られています。ところで、「国生み神話」は、もとは、淡路の海人族(あまぞく)が伝えた「島生み神話」であったといわれています。 それが、大和朝廷の起源を語る『古事記』や『日本書紀』に取り入れられ、その冒頭にすえられるようになったのは、大和朝廷が淡路に屯倉(みやけ)をおいて、淡路島を直接の支配下におき、さらに「御食国(みけつくに)」と呼んで食料貢献の特別 な地としたことに関係します。

 このようなことから、淡路の海人が朝廷に出仕するようになり、淡路の神話が宮廷に伝えられて、古事記や日本書紀の編纂の時期(奈良時代)に壮大な「国生み神話」となって語られたのであろうといわれています。

 

淡路ごちそう館「御食国」
洲本市にあるレストラン。淡路ビーフ、海の幸、たまねぎなど淡路の食材をふんだんに使った料理を味わえる。淡路島のお土産品から珍しい逸品まで様々な特産が揃う直販店を併設。
地勢と自然歴史人物文化・芸能産業・特産物
インデックスへ
プライバシーポリシー ホームへ戻るこのページのトップへ
兵庫県立 淡路夢舞台国際会議場
〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台1番地 TEL: 0799-74-1020 FAX: 0799-74-1021
このページのトップへ