淡路夢舞台国際会議場 淡路夢舞台国際会議場のホームへ to English page お問い合わせ サイトマップ リンク カレンダー
資料請求
特徴と魅力 フロアガイド 備品・機材 料金表 各種サービス案内 飲食のご案内 交通アクセス 宿泊・観光ガイド

文化・芸能

淡路人形浄瑠璃

 淡路人形芝居は、約500年前、西宮から「傀ぐつ師」の元祖と言われる百太夫が淡路島を訪れ、地元の人に伝えたのが始まりです。18世紀のはじめには、44座の座元が覇を競い、淡路島のみならず、日本全国を巡業して発展してきました。全国各地に約80座の淡路人形系の人形が今も残っております。世界文化遺産に認定された文楽の創始者である植村文楽軒は淡路島の出身で、青年期には淡路人形の一座と共に各地を巡業しておりました。現在の淡路人形浄瑠璃は国指定の重要無形民俗文化財となり、三味線師匠の鶴澤友路師は人間国宝に認定されています。
 世界の歴史上、人形はよく宗教的な行事に結びついて使われておりましたが、淡路人形芝居も例外ではなく、恵比寿天をたたえ漁の安全と恵みを祈るものとして行われてきました。百太夫の死後は家、土地、船を守り、神をたたえる神聖な季節の行事として定着していきました。
 淡路人形は、芸術性の高い「かしら」と胴と衣装からなっており、一体の人形を、三人の人形遣いが黒子を着て遣います。一人が足を、一人は左手を、一人は右手と「かしら」を受け持ちますが、三人の気持ちがうまく合って初めて人形に命が吹き込まれ生き生きとした表現が出来るようになります。そして、情感溢れる義太夫による浄瑠璃の語りと重々しく響く三味線による伴奏とが相まって、野趣に富んだ、人間以上に喜怒哀楽ある舞台が生まれてきます。

淡路人形浄瑠璃のホームページはこちら

だんじり、だんじり唄

 淡路島は祭りが盛んな島です。島内各地区のだんじりの総数は300台とも言われています。赤色の布団を5枚重ねた布団だんじりが主流で、春や秋には氏子たちの手によって巡行されます。だんじり唄は、祭りの余興に、人形浄瑠璃を基に団体芸として作られたもので、別名「浄瑠璃くずし」とも呼ばれています。物語のハイライトをうまく取り出してメロディーをつけ、アレンジしたもので、だんじりの太鼓と拍子木を使い、全員で唄う「つれ節」に、浄瑠璃調の「語り込み」と民謡調の「振り」という独唱があり、唄の合間に「語り」が入ります。最近は、数多くのグループが唄うようになり、コンクールも行われ、淡路の誇る郷土芸能の一つです。

淡路島を詠んだ和歌

【万葉集】
  • 灯火の明石大門(あかしおほと)に入(い)らむ日や漕ぎ別れなむ家の辺り見ず (柿本人麻呂)
  • 天ざかる鄙(ひな)の長路恋ひ来れば明石の門より大和島みゆ (柿本人麻呂)
  • 玉藻刈る敏馬を過ぎて夏草の野島が崎に船近づきぬ (柿本人麻呂)
  • 淡路の野島が崎の濱風に妹が結びし紐吹きかへす (柿本人麻呂)
  • 飼飯の海の庭よくあらし刈り薦(こも)の乱れて出づ見ゆ海人の釣船 (柿本人麻呂)
  • 天地の遠きが如く 日月の長きが如く 
    おし照る難波の宮に わご大君国知らすらし 
    御食国 日の御調と 淡路の野島の海人の
    海の底沖ついくりに 鰒珠さはに潜き出
    船並めて仕へ奉るし 尊き見れば (山部赤人)
  • 難波潟潮干に立ちて見わたせば淡路の島に鶴渡る見ゆ (詠み人しらず)
  • 荒磯越す波をかしこみ淡路島見ずや過ぎなむここだ近きを (詠み人しらず)
  • 粟島に漕ぎ渡らむと思へども明石の門波いまだ騒げり (詠み人しらず)
【古今集】
  • わたつみのかざしにさせる白妙の浪もてゆへる淡路島山 (詠み人しらず)
【新古今集】
  • 淡路にてあはと遙かに見し月の近き今宵は所がらかも (凡河内躬恒)
  • 秋深き淡路の島の有明にかたぶく月を送るうらかぜ (慈円)
  • 春と言えば霞にけりな昨日まで浪まにみえしあはぢ嶋山 (俊恵法師)
【金葉集】【百人一首】
  • 淡路島通ふ千鳥の鳴く声に幾夜寝覚めぬ須磨の関守 (源兼昌)
【山家集】
  • あはぢ嶋せとのしほひのゆふぐれに須磨よりかよふ千鳥なくなり (西行法師)
【金槐集】
  • 淡路島かよふ千鳥のしばしばもはねかくまなく恋ひやわたらん (源実朝)
【拾遺愚草】
  • あはぢしま千鳥のわたるこゑごとにいふかひもなき物ぞかなしき (藤原定家)
  • 淡路島ゆききの舟の友がほにかよひなれたる浦千鳥かな (藤原定家)
【新勅撰集】【百人一首】
  • 来ぬ人を松帆の浦の夕凪に焼くや藻塩の身もこがれつつ (藤原定家)

淡路島を舞台にした近現代文学

  • 谷崎潤一郎「蓼食う虫も好き好き」
  • 司馬遼太郎「菜の花の沖」
  • 船山 馨「お登勢」
  • 吉屋信子「ある女人像」
  • 三浦綾子「ちいろば先生物語」
  • 高橋和己「散華」
  • 阿久 悠「瀬戸内少年野球団」「飢餓旅行」「転がる石」「ラジオ」
  • 灰谷健次郎「島で暮らす」「とんぼ帰りで日が暮れて」
地勢と自然歴史人物文化・芸能産業・特産物
インデックスへ
プライバシーポリシー ホームへ戻るこのページのトップへ
兵庫県立 淡路夢舞台国際会議場
〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台1番地 TEL: 0799-74-1020 FAX: 0799-74-1021
このページのトップへ